ホーム > 会社概要 - 沿革

沿革

 

昭和37年 1月
水野政治郎が刈谷市松坂町(現在地)で合資会社水野商店を創業。
昭和44年 4月
資本金500万円で水野産業株式会社を設立。
代表取締役に水野政治郎が就任。
昭和44年10月
岡崎市大樹寺に岡崎支店を開設。
昭和46年11月
資本金1,500万円に増資。
昭和48年10月
岡崎支店にアルミ部門を新設。
昭和51年 7月
資本金7,000万円に増資。
昭和51年10月
本社工場、岡崎支店に大型プレスを設置稼動。
昭和55年 4月
本社事務所が完成。
昭和58年 2月
岡崎支店に800トン圧ギロチンシャーを設置。
昭和59年 2月
岡崎支店アルミ工場完成。
30トン反射炉連動自動ライン及び集塵装置等を設置。
昭和60年 7月
代表取締役に水野明就任。
平成元年 3月
本社工場全面改築。
本社工場に1,000トン圧ギロチンシャー設置。
平成 2年12月
貿易部門を開設し三河衣浦港に専用バースを設ける。
平成 7年10月
岡崎支店に1,600トン圧ギロチンシャーをリプレース。
平成 8年 4月
安城市和泉町に安城支店を開設。
平成18年 5月
本社新社屋が完成。